バイアグラ購入ガイド|バイアグラは通販することができる

バイアグラの購入方法

 

1998年3月27日、FDAはファイザー製薬が開発したバイアグラを、インポテンツ治療のための傾向薬として認可しました。

 

バイアグラ,購入

インポテンツの男性のための飲み薬が正式に認められたのは世界で初めてのことです。祖そして、4月下旬に販売が開始されると同時に大フィーバーとなりました。

 

バイアグラの効果は精神的な原因で起こる勃起不能の場合は80%、器質的障害が原因である場合は60%から70%とされています。

 

これまで開発されてきたインポテンツの治療法に比べて、なんといっても手軽に利用でき、自然な性行為ができるというところが大きなポイントです。

 

バイアグラは糖尿病、脊髄損傷、前立腺手術などで、インポテンツになった人の治療薬とされています。そのため、購入には医師の商戦が必要です。

 

しかし、「試しに使ってみたい」という男性がかなりの割合でいます。ブルーの色をしたひし形の大きさが1センチほどの錠剤が注目の的となっているのです。

 

セックスの1時間前に飲めばいいという簡単さから、バイアグラは性の概念を変える可能性も指摘されています。
かつて、避妊用ピルの登場が性のあり方を変えたように、バイアグラにも同じことが言えるかもしれない。

 

バイアグラの値段は、アメリカ国内の価格で1錠7ドル。日本での販売価格は14ドルほどになるそうです。アメリカでは初年の売り上げが3億ドルを超えるとされています。

 

日本でも当初はバイアグラの人気が沸騰し、問い合わせが新宿にあるファイザー製薬に殺到していました。

 

 

 

「日本での販売はいつか」「治験にぜひ参加させてほしい」などの内容です。ただし、日本でも臨床試験を進めるが、新薬審査には2年近くかかるため、許可されても日本での販売は早くても2000年以降になりそうでした。

 

バイアグラは厚生省が認可していないから日本で丹生すするのは難しい。日本人医師の商戦があってもアメリカで買えるわけではない。購入に当たってはアメリカ医師の処方箋が必ず必要でした。

 

すると、日本人の患者が個の治療を受けようとすると、まず、アメリカ人の医師に身ともらって処方を受けた薬を、日本で改めてもらわなければならないのだからややこしい感じでした。

 

けれど、こんな面倒なことをしなくても、1か月分の使用量ならば、アメリカから個人輸入することに法的な問題はない。つまり30錠までならだれでもアメリカからバイアグラ本物を輸入できるのです。

 

 

ジェネリック医薬品のデメリット

 

バイアグラ,購入

医薬品になどにかかる医療費が少しでも安くなれば、いいと考えるのが普通です。なので、今では安く薬を購入できる制度としてジェネリック医薬品が注目されていて、多くの人が利用しています。特にED薬については多くの人が海外から取り寄せる方法で利用しています。

 

しかし利用している多くの方がジェネリック医薬品のデメリットについては知らないことがほとんどです。

 

ジェネリック医薬品のデメリット

 

バイアグラ,購入

 

ジェネリック医薬品には最初に製造されて薬が存在します。バイアグラとカマグラゴールドの関係は、バイアグラが最初に製造された薬でカマグラゴールドがジェネリック医薬品になります。

 

ジェネリック医薬品の定義は最初に製造された薬と主成分が同じことです。

 

しかし、それ以外の添加物などは全く違うものが使用されることがあるのです。

 

しかしこれはジェネリック医薬品の決まりには反していないので、その点については問題がないのですが、その点か物の違いによって最初に製造された薬とジェネリック医薬品とでは効果に違いが出ることがあるのです。

 

わかりやすく説明すると、添加物で主成分をコーティングしているとします。薬は体内に摂取されるとまずコーティング薬が溶けて主成分が体内で広がるようになっているのですが、このコーティング剤が違うと、溶ける時間が違うので、体内で効き目が表れる時間が変わってくるのです。

 

ジェネリック医薬品が最初に作られた薬と同じ成分だと思っていても添加物が違うだけで、体内への作用が大きく変わることがあるのです。

 

そのほかのジェネリック医薬品のデメリットとしては、最初に作られて薬で効果を実感できたからといって、ジェネリック医薬品で同じ効果が期待できるとは限らないということです。

 

添加物は溶ける時間の違いがありますが、それ以外にもアレルギー反応がみられることもあります。

 

ジェネリック医薬品は安く仕上げるために、どうしても質の低い成分を使用してしまいがちになってしまいます。さらに製造過程に関してもそれほど研究されることが少ないので、最初に作られた薬に比べるとどうしても安全性で不安があるのです。

 

そのほかの大きな違いといえば、製造方法が違うことです。成分が同じなら製造方法なんて気にする必要がないと思いがちですが、薬の特許には成分に関する特許と、製造方法に関する特許が存在し、成分の特許に比べて製造に関する特許はその期間が長く、成分だけでは薬の効果を完璧に引き出すことができないことがあります。

 

そのあたりの部分を伏せてジェネリック医薬品が製造されることもありますので、製造特許のある薬のジェネリック医薬品には注意することが必要です。

 

ED薬のジェネリック医薬品

 

バイアグラ,購入

 

先ほども説明しましたが、バイアグラのジェネリック医薬品はカマグラゴールドシアリスのジェネリック医薬品はタダシップ、レビトラのジェネリック医薬品はバリフが有名です。もちろん最初に作られて薬と添加物や製造方法が違いますので、使用の際には細心の注意が必要です。

 

カマグラゴールドやバリフなどはインドで製造されていますが、インドでは医薬品の特許についての法律が整備されていないので、自由に薬の製造ができるのです。なので、インドのジェネリック医薬品に関しては価格の割には最初にできた薬に限りなく効果が近いのが特徴です。

 

ジェネリック医薬品には偽物が少ない

 

バイアグラなどを購入して偽物をつかまされるということをよく聞きますが、ジェネリック医薬品に関してはその確率が低いのです。最初に作られた薬の価格が高いので、どうせだまして売るのなら、高額な方を販売した方が効率的だからです。だからといってジェネリック医薬品に偽物が全くないとは言えませんが、目安程度の知っておいてください。

 

価格の違い

 

ジェネリック医薬品と最初に作られて薬とではどれぐらい価格が違うか調べてみました。もちろん販売店によって価格は違ってきますので、査収的にはご自身でお確かめくださいね。

 

レビトラ・シアリス・バイアグラなどはほとんどの販売店で一錠1500円ほどでした。しかしそれぞれのジェネリック医薬品の価格は500円ほどなので、約3分の一の価格で購入できるようです。ネット総合病院で購入することができます。

 

副作用の心配について

 

どのような薬にも副作用はありますので、ないとは言い切れませんが、最初に製造された薬で副作用などが起こらないのであれば、ジェネリック医薬品に関しても副作用が起こる可能性は少ないです。

 

しかし添加物が違うことがあるので、その点か物に反応しての服用が起こることが想定されます。

 

 

製造中止になることがある

 

ジェネリック医薬品の中には、急いで研究して製造されるものもあり、後から規格外の成分が検出される足りなどの理由で急に製造中止になることがあります。もちろんそれに頼っていた人にとっては深刻な問題ですが、そのまま使用し続けることは体に悪い影響が出ることも想定されますので、ほかの類似品を探すほかなさそうです。